美容整形医院でいぼの除去施術を受けよう【身体の悩みを解決】

美容の悩みを手軽に解消

頬を触る人

国内で主に行われているいぼの手術は「冷凍凝固法」と「レーザー」で、冷凍凝固法は保険適応内で費用が安いこと、レーザーは痛みが少ないことなどがメリットです。いぼの手術は皮膚科か美容整形外科で受けることができます。

もっと読む

適切な治療を受ける

レディ いぼ手術はピンポイント照射が可能ですし、肌を綺麗に見せる為にも丁寧に除去してもらいたいものです。保険が使える場合と使えない場合があるので、その理由やケースを確認しておきましょう。

もっと読む

美しい肌を求めて

ドクター

いぼを手術する際は基本的に皮膚科か、美容整形外科のふたつの選択肢があります。治療の後の身体に美しさを求めるのであれば美容整形外科がおすすめです。競争の中でサービスの質がリピーターの獲得につながるので、高額でも満足度の高い治療を受けられます。

もっと読む

美容整形でできること

医者

整形は除去を主に行う

美容整形というとかなり大げさで大変なことのように聞こえますが、実際に行われる手術で最も多いのは、いぼやほくろの除去となっています。顔の目立つほくろの除去や体にできる痛いいぼを取り除くことができれば日々の生活がとても快適なものになるので、美容整形は人気があるのです。美容整形手術を受ける際にそのまま美容外科医院に行くよりは、まず皮膚科を受診して該当箇所が何なのかを確かめるべきといえます。いぼの場合は特にそうであり、中にはウイルス性で感染する恐れのあるものも存在するので注意して治療を行っていかなくてはならないこともあるのです。皮膚科でも液体窒素を使っていぼやほくろを固めてそのままぽろりと取ってしまうこともできるので、皮膚科だからといって美容整形ができないと思うのは間違いといえます。液体窒素で除去するのは足の裏にできる魚の目治療の際にも行うことであり、除去後はけがを治すのと同じ要領で後始末が可能です。ほくろなども皮膚にめり込んでいたり一体化していたりしなければ簡単に取ることができるので、まずは最寄りの皮膚科を探して相談してみましょう。その際に皮膚科では傷跡の処理が難しいなどの理由で美容整形外科を紹介されることになるので、それから美容外科に行くようにするといいのです。皮膚科から紹介される美容外科は信頼できるクリニックであり、多く起こりがちなアフターケアにおけるトラブルを未然に防ぐことができます。いぼを除去する際に安易な方法を選んでしまったために傷跡が大きく残る、そして痛みがずっと残ってしまうなどがよくあるトラブルとして有名です。そういったトラブルにあってしまうと予定よりも多くのコストと時間をかけなければならなくなるので、最初は必ず皮膚科で診てもらいましょう。皮膚科ではメスやハサミ、それから液体窒素などを使った治療しかできないことが多いのですが、美容整形外科の場合は炭酸ガスレーザーなどの治療も行えます。時間をかけるのであれば鍼灸を使っていぼやほくろの細胞を破壊するという方法もとることが可能で、その場合は傷跡が残りにくくなるでしょう。基本的には時間をかけてじっくりやればどこにあったのかわからないくらいに仕上げることができるので、顔の手術を行う際には安易な方法を選ばないようにしましょう。外側に出っ張ったいぼの場合ははさみですぐに除去することもできますが、内側に食い込んだものをメスで穿り返す手術はハイリスクです。皮膚科から紹介してもらった大きな美容整形外科で最初にカウンセリングをしっかり受け、納得できる手術を受けられるように心がけましょう。いぼやほくろは悪化するということがまずないので、痛みなどがない場合にはじっくりと時間をかけることをお勧めします。美容整形手術というのは顔全体にメスを入れるイメージがありますが、実際に行われている手術はこういった除去手術が圧倒的に多いです。気になるほくろや体のいぼがあるならば早めに皮膚科を受診して症状を確かめ、自分に合った治療方法を模索しましょう。おおよそ一年以上かけて治療プランを立てていけば、大きなトラブルに合う心配はないので気長に取り組むと安心です。

To Top