美容整形医院でいぼの除去施術を受けよう【身体の悩みを解決】

美容の悩みを手軽に解消

頬を触る人

国内でメジャーな治療法

国内で行われているいぼの手術は主に2種類あります。まず最もメジャーなのは「冷凍凝固法」です。これは液体窒素を使って行う方法で、約マイナス200℃の液体窒素窒素を染み込ませた綿棒を患部に押し当てます。すると細胞がいわゆる「低温やけど」の状態になって壊死し、それに代わって新しい細胞が患部の下で再生を始めます。この手術は特にウイルスに感染することによるいぼに有効です。なぜなら、繰り返し細胞に壊死と再生を行わせることで皮膚の奥にいるウイルスが表面に押し出されるため、いぼの原因を根本から取り除くことができるためです。冷凍凝固法のメリットは、施術が簡単に受けられることです。まず基本的に綿棒を患部に押し当てるだけなので、一回につき5分程度で終了します。また、保険が適応されるため費用を比較的安く抑えることができます。反対にデメリットは、まず施術中にやけどによる強い痛みを伴う場合があることです。また術後に傷口が残ってしまう可能性もあり、加えてウイルスが除去されなければ再発し、再び治療しなければいけない恐れも出てきます。そして、完治までには複数回通院して施術を受けることが必要です。次に、冷凍凝固法に次いでよく行われているのは、レーザーを使ったものです。一般的には炭酸ガスを使う場合が多く、ガスが皮膚の水分と反応して熱エネルギーを発生させる仕組みを利用しています。手術の手順はまず患部に麻酔を施し、次にいぼをくり抜くように患部周辺の皮膚へレーザーを照射していきます。その結果患部の皮膚が凹んだようになるので、テープで保護して回復を待ちます。治療にかかる時間は10分程度です。レーザーによる手術は非ウイルス性で、加齢などによってできるいぼに対して行われることが多い方法です。この方法のメリットはまず、施術自体が1回で終了すること、また冷凍凝固法のような痛みを感じることが少ないことです。さらに、いぼの程度に合わせてレーザーの強さを変えることができるため肌への負担が少なく、傷口も残りにくいとされています。しかし、ほとんどの場合保険の適応外になってしまうことが第一のデメリットで、それに加えて手術を受ける病院によって費用にばらつきがあります。よって、レーザーでいぼを取り除く際には、思った以上に費用が高額になってしまう恐れがあります。事前によく病院側と話し合い、治療にレーザーが向いているのか、また費用はどれくらいかかるのかなどをしっかりと確認しておきましょう。いぼを取る手術は現在、主に病院の皮膚科か美容整形外科のどちらかで受けることができます。どちらかと言えば冷凍凝固法は皮膚科で、レーザーによる手術は美容整形外科でよく行われている方法です。もしもどちらの手術にも抵抗がある、より手軽にいぼを治療したいという人には、飲み薬を処方してもらえる内科の受診をおすすめします。しかし皮膚科であればいぼの種類に合わせた治療や手術を行ってもらうことができ、整形外科なら術後の傷口のアフターケアなどが手厚い所も多いので、しっかりと治療したいならこの2か所のうちどちらかを受診することがおすすめです。

To Top