美容整形医院でいぼの除去施術を受けよう【身体の悩みを解決】

適切な治療を受ける

レディ

保険適用外になる

いぼ手術を希望する人は少なくありません。まずは皮膚にできる小さなデキモノがいぼかどうかを判断する必要がありますが、それは素人でなく医師に任せましょう。判断ミスや勘違いで間違った治療が行われる可能性も少なからずあります。そうなれば余計酷くなるケースも考えられるでしょう。皮膚科医にしっかりと判断してもらえば、症状に合う治療へと導いてくれるでしょう。イボにも血管が通っており、ちょっといじっただけで出血してしまうケースもあるので注意しましょう。そして一番メジャーな凍結療法に関してですが、1度なら千円程度なのでお得感があります。重症なら外科手術することもありますが、健康保険適用なので安心してください。ですが、保険が適応されないいぼ治療も存在します。レーザー治療は自由診療扱いとなっている為、1か所につき3万近くかかる場合もあるでしょう。凍結療法の痛みや色素沈着のリスクを考慮し、例え高かったとしてもレーザー治療を希望する患者もいます。また、いぼ治療に利用されるレーザーには炭酸ガスレーザーなどがあり、場所やサイズによって局所麻酔が使用されます。麻酔なしでレーザーを当てても問題ないケースも多くありますが、人によっては若干痛みがあるようです。輪ゴムで弾かれたような感覚だと表現される傾向がありますが、いずれも凍結療法よりは軽い痛みとなるでしょう。治療後は患部にテープを貼ってガードします。施術して何日か経過すれば次第にかさぶたが出来てはがれていくでしょう。いぼを見つければすぐ皮膚科に受診することが大切です。また、レーザー治療はとても効果的で素早く除去する事が可能です。黒い箇所や赤い箇所に反応するレーザーをYAGレーザーといって、特定の色にしか反応しないという特徴もあって照射した時でも正常な肌を傷つけることがないです。一度に広範囲の照射が可能となり、色が変わっているところのみ治療できる上にイボが多いところはまとめて除去する事が出来るでしょう。それから炭酸ガスレーザーも人気があります。これを気体化すればレーザー照射が可能となり、照射したところの細胞を蒸散させていぼを除去します。細胞ごと除去することできるのでウイルス性いぼに効果が高く、レーザーを調整しながら照射する事も出来ます。首いぼのレーザー治療に必要な費用ですが、1個当たり計算することになります。ほかのいぼ治療法となるハサミでの切除に比べてみれば割高となるでしょう。いぼ手術は重要ですが、レーザーの首いぼ除去は保険適用出来ないのが一般的です。レーザーを使っての治療では自由診療で保険適用外となり、いぼの数が多いほどその負担額は右肩上がりになると考えておきます。保険適用外になる理由についてですが、レーザーによる治療は医療行為と見なされません。いぼを放置しても生活自体に支障をきたすわけではないのです。つまり、治療を率先する必要ないので保険適用外という事になります。ですが、悪性のいぼなら命の危機となる場合がある為、そうなると保険適用になる事もあるでしょう。治療の流れですが、一定の流れに沿って行われます。専門医の診察によって、いぼの種類や良性かどうかを判断することになります。いぼの大きさや数も診察段階でチェックされ、治療内容の確認をされます。この段階で詳しい説明をされるので、納得できれば同意して治療開始となります。また、医師に手術を勧められたら検討しましょう。

To Top